女性って凄いでしょ?見えない部分のお手入れが私流のオシャレです。

女性って凄いでしょ?見えない部分のお手入れが私流のオシャレです。

あぁ~疲れました。今、お昼寝から起きたのですよ。普段はお昼寝などしない私なのですが、毎朝4時過ぎに起床では眠くなります。

実は、夫は普通のサラリーマンなのに、朝が非常にと言うより、異常に早いのですよ。だから私まで目が冷めてしまいます。その上、本日は久し振りに「かかと」のお手入れをしたので、疲れたのかしら?(笑)でも、今私の「かかと」はツルリとして気分も爽快です。いつも定期的に「かかと」のお手入れはしていた私です。しかし、父の介護や結構面倒な母がおりますので、しばらく怠っていたのです。夜にすればいいと思うでしょ?それがダメなのです。

私の「かかと」のお手入れ法は、電池式で「ガー」と音がなる小さなコスメグッズって感じです。夫がいたら耳触りに思われそうで気をつかいます(笑)それと、理由は他にもあります。このグッズは先端にある「やすり」みたいな物が回転します。それを「かかと」に当てて硬くなったところを落とすのです。その時に、「かかと」の硬くなった皮膚がパウダー状になってとんで来るのです。まるで、煙のようにですよ。それだけ、細かい削り方をしているって事かしら?痛くありませんよ。しかし、そのようなパウダー状の粉が、煙のように出ますので、ベランダで行います。大袈裟にもマスクをしてね。そんなに、バラバラと落ちるものではありませんよ(笑)ただし、電動式なので、真剣に「かかと」を狙わないと、外れたら痛いかな?後は「かかと」にクリームをつけるだけです。これは、ハンドクリームでもいいのですよ。足なのにハンドクリーム?なんて思わなくても良いのですよ(笑)気にしないでね。

足の裏と言うのは、汗は出るらしいのですが、皮脂腺がないと聞きます。だから硬くなるのは仕方ないらしいのです。女性達は結構「かかと」のお手入れをする人、しない人に別れるのではないでしょうか?見えない部分が私は気になります。女性の「かかと」が綺麗な人を見ると、素敵だなぁ・と思わず見てしまうのです。変な意味はありませんよ(笑)季節によっても、ファッションによっても、足が見える時ってあるでしょ?殆ど靴を履いているので見えない事が多いのですが、バックバンドのヒールを履いている女性はたぶん綺麗にお手入れをするわね。

私は、そのようなファッションの為ではなく、皆が集まって正坐をする時に、足の裏って後ろの人に見られるでしょ?そんな時の為にいつも準備を怠らないようにしているのです。もう、若くない私が正坐をする行事といえば法要くらいですね(笑)それと、最近のライフスタイルはテーブルの生活が多いからでしょうか?足の甲に「タコ」ができないでしょ?私は、この部分にも気をつけていたのです。昔の人は正坐の暮らしが多かったから「タコ」ができている人が多かったのでは?なんて想像します。しかし、着物を着て、足袋を履いて見えなかっただけではないかしら?それとも、お風呂で軽石を使ってお手入れをしていたのでしょうか?私も軽石を使った経験はありますが、なんだか痛いし粗い感じです。私の気になるオシャレと言う程の事ではありませんが、見えない部分に気をつけるのが、私の小さなオシャレなのです。

レンタルサーバー ランキング 格安

着物買取のことなら福ちゃんへ

原価管理していますか

フロアコーティング フッ素コート

シマックス インフレ