厳しい状況を乗り切ろう 終身雇用崩壊の影響を受ける中高年たち

変わりゆく働き方の形

大企業で経営不振や不祥事で退職された人が多いように、景気の動向の影響を受けやすい中小企業でも中高年の人材の流出が続いています。同じ会社にとどまっていると役職を用意することや、昇給をし続ける事が難しい事からポストの整理が進んでいる場合もあります。

不本意に退職を余儀なくされている人や、キャリアアップのために転職先を探している人材は多いのです。求人サイトもその動向をしっかりと把握しており、中高年に絞った特集などを組むこともあります。これはターゲット層を明確に絞り込むことで、よりマッチングをしやすくする効果があります。

中高年は技術や経験をすでに身に着けている状態であり、即戦力になる事も多い貴重な存在です。そのため、出来るだけ人件費を抑えながら働き手を探したい企業や、自力で人材を養成する余力がなく他社での経験者を求める企業まで様々な業種で人材を欲しているのです。特にベンチャー企業などでは長年経営に関わった人材が必要になる事も多く、経験者が好待遇で迎えられるケースもあります。技術力の継承や、経験が欲しいと言う現場の声も少なからずあります。

終身雇用の崩壊が叫ばれて久しく、時代はさらなる人材の流動化を招いています。求人サイトを確認しながら、チャンスを貪欲につかんでいくことも重要で、年齢の限界を設けずにキャリアアップを目指すことや、新たな仕事を探すのも当たり前のことになっているのです。年齢の常識にとらわれず、積極的に挑む事が重要と言えます。

No comments yet Be the first to comment